沿革

太洋通信工業の沿革

昭和46年2月
日電通信工業㈱ 設立 資本金300万円
電気通信工事並びに通信部品の組み立て・修理
昭和47年2月
電気通信工業許可(大阪府)
昭和48年3月
太洋通信工業㈱に商号変更と同時に、
旧(株)昭和テクノスの系列に加わる
昭和48年4月
製造部門工場として大正工場を新設する
昭和48年6月
日本電信電話公社 認定製造の製造許可
昭和53年3月
資本金を1,000万円に増資
昭和53年4月
東京支店を新設
昭和58年4月
昭和テクノス市岡工場の営業権を譲り受ける
昭和63年8月
港工場(大阪市港区)に移転
平成 6年10月
営業本部を大阪ドーム前いずみビルへ移転
平成7年6月
資本金額1,000万円を4,000万円に増資
平成8年3月
資本金額4,000万円を5,000万円に増資
平成12年12月
ISO9001認証取得
平成14年3月
大阪府品質管理推進企業に認定される
平成15年6月
港工場より大正工場へ移転(大阪市大正区)
平成15年12月
ISO9001:2008に移行
平成17年2月
東京支店を移転(豊島区巣鴨)
平成19年7月
一般労働者派遣事業登録
平成26年5月
東京支店を移転(文京区千石)
平成27年5月
本社、物流センターを移転(大阪市西区)
平成27年6月
株式譲渡により泉州電業株式会社の100%子会社になる
平成29年12月
ISO9001:2015に移行